黒なまこエキスの驚くべき 美肌パワー‼

長崎県大村湾のナマコ漁

大村湾では江戸時代から「ナマコ漁」が盛んに行われ、大村湾で採れた黒なまこは「滋養強壮・皮膚病」などに効果がある食材・漢方薬として清の時代の中国に輸出され、その強壮作用から「海の朝鮮人参」と称えられ愛されてきました。現在は、中国へは一旦乾燥され輸出されています。近年では高級珍味の需要増によって値段が高騰し「黒いダイア」とまで呼ばれています。

作業工程にヒントを得て

黒ナマコの乾燥加工の工程で、作業に従事している女性の間では「肌がツルツル・スペスベになる」とたいへん評判でした。そのうちに、煮汁を持ち帰って、お風呂に入れたり、洗顔にも使用されるようになり、「ナマコには、肌にいい成分があるのではないか? 」「仮に、肌にいい成分ならば、石鹸に配合することで付加価値が活かせるのではないか?」と考えたのです。

 


二年の歳月を経て

そこで長崎大学医歯薬学総合研究科に成分分析を依頼し「肌に良い成分が豊富」という結果を受け商品開発をスタートさせました。安心・安全な石鹸を作るため、まずナマコエキスの成分について検査・分析してもらい安全性試験や細胞毒性試験などをクリアし、製造はサティス製薬が引き受けてくれました。試作を重ね、苦節二年。大村湾漁協・長崎大学・サティス製薬の三者が共同開発に成功し、黒なまこ石鹸が誕生しました。

 

PAGETOP
Copyright © 大村湾漁業協同組合 東京事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.